小さなひとこま

日々折々の小さな出来事を綴っていきたいと思います。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

地歌舞伎鑑賞 :: 2011/11/11(Fri)

昨年に続き今年もサークルでの地歌舞伎鑑賞会に郡上八幡へ
出かけてきました。昨年は中津川でした。
来年は20回記念となります。わが町のお隣、可児市で開催とか。
今年終わったばかりですが、近くで開催の来年も楽しみです。
DSC00058(x550).jpg
今年は子供歌舞伎が2演目、そして地域の人たちが大切に
守り伝えてきた大人の地歌舞伎が2演目出されました。

↑のパンフの1と4が子供歌舞伎(揖斐川町・郡上市)
2,3が大人の地歌舞伎(下呂市・可児市)です。

子供歌舞伎の役者は小学校2年生から高校1年生までの
子供達でしたが、とても芸達者で感心させられました。



恋飛脚大和往来・封印切(高雄歌舞伎保存会・郡上市) DSC00051(550)忠兵衛梅川


鏡山旧錦絵・花見の場から奥庭の場(いび祭り子供歌舞伎保存会・揖斐川町)
DSC00003(550)鏡山


  1. お楽しみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

「国宝・薬師寺展」 :: 2011/09/25(Sun)

岐阜市歴史博物館で10月2日まで開催中の「国宝薬師寺展」に出かけてきました。

勿論博物館の中は禁止ですから目でしっかり見てきましたが、大勢の拝観者が
来館していました。

今年の夏は暑かったからか、8月の来館者は比較的少なかったようですが、9月に 
入ってからはかなりの来館者が訪れるようになったとか。会期も終りに近づき結構
賑わっていました。9月中旬には“5万人”を超えたとか。

DSC00025.jpg


    DSC00024.jpg
    岐阜歴史博物館は岐阜城を頂く金華山の麓にあります。台風一過の
    秋晴れの青い空に日の光を浴びてキラキラ輝くようにお城が望めました。


   ちょっと付け足しです。我家のゴーヤです。
       DSC00013.jpg

      こんなに小さな実しか出来ませんが、これ以上置いておくと色づいて
      しまうので収穫しました。早速炒め物にして美味しくいただきました。

      まだちっちゃな実が結構生まれています。暫くは楽しめそう。かなり
      涼しくなりましたが、さてどれほどの大きさに育ってくれるでしょう。
      

                
  1. お楽しみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

愛知県津島市・「天王祭り」 :: 2011/07/25(Mon)

愛知県津島市で毎年7月第4土曜日と翌日曜日に行われる尾張津島「天王祭」
に出かけてきました。↑URLを貼っています。よろしければ見てください。

初めて見るお祭です。たまにニュースで見る半円に飾られた提灯の画像を
見た気がしていましたが、全く何の知識も無く友人のお誘いに乗っかっての
見物でしたが、まだ明るい内から徐々に宵がせまり各船が提灯に灯りを
点して準備する様から時間をかけてみることが出来、最後には美しく灯りを
煌かしての「お旅所」(津島神社の神様が朝から出張してらっしゃるとか)へ
奉納参りをする様までの10時近くまでを場所を替えながらの見物で堪能
してきました。

      クリックで大きくなります。 
      DSC00753(750).jpg       DSC00748(800).jpg

  3分の1の模型です。マウスオン・クリック・Wクリックをどうぞ。
   巻藁船は土曜日の夜(宵祭)の仕様。車楽船は宵祭が終るとすぐに
   架け替えられます。
<
   クリックで大きくなります。   朝祭の「車楽船」に造り替えられる
                       小道具類 夜中に作業するそうです。
        DSC00707-1.jpg       DSC00726(550)朝祭の変身道具

 まだ明るい内から提灯の飾り付けが始まります。
DSC00718(550)暮を待つ5艘

中心の真柱(17m)に一年(12ヶ月)を表す12個の提灯:閏年は13個とか。
半円形(坊主と言う)の飾り提灯は3mの竹竿の先に付けた提灯を巻藁に挿す。
   これも一年を表す365個が基本ですが、実際には400個くらい付けるそう。
坊主の下には一月を現す30個の赤い提灯(なべづると言う)がつけられます。
 DSC00735(x600)初期状態

   マウスオン・クリック・Wクリック・マウスアウトで5枚です。
<

<

 
    ちょっとおまけです。この日は夕飯にお弁当がつきました。
    観覧席はパイプイスのみ、机はありません。結構豪華版のお弁当、
    膝に乗せて落っことさないように大急ぎで食事を済ませました。
    (実を言えばおっちょこちょいの私、本当は受け取ってすぐに落として
     しまったのですがまだ蓋を取る前だったのでこの画像のように綺麗に
     収まっていました。ヤレヤレ(^_^;))  
       DSC00713(400)弁当

すばらしいお祭を楽しんだ午後からの一日でした。サボリ癖の付いた私、
まだ北海道の旅が残っているのですが、同行の友の忘れた頃のUPはダメよ!
とのきつーい お達しでこれでも大急ぎのUPです。



  1. お楽しみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:14

初めてのメロン狩り :: 2011/06/08(Wed)

イチゴ狩り、さくらんぼ狩り、りんご狩り、桃狩り、ぶどう狩り、等などいろいろ
ありますが、今回私は初めての経験メロン3切れ“メロン狩り”に出かけて
きました。余りメロンは好みではありませんが1個のお土産付きでランチ付き、
サークルの催しに乗っかってのバスバス旅行の一日を過してきました。嬉しい
               
今回お一人様1個のメロン、ハウスで切り取ってお持ち帰りの私の“メロン”です
1週間から10日程で食べごろになるとのこと。今大事に寝かせてあります
          DSC00016本日の収穫品

高台のホテルでバイキングのランチを頂いて渥美半島先端の伊良湖岬へ。
良い天気に恵まれてはいましたが、大気が不安定なのか、海の景色は遠くは霞が
かかり、画像的にはイマイチでしたが、お出かけには傘(60)雨のないのが一番!
「恋路が浜」の散策にも日差しはきついものの爽やかな海風の吹く中を気持ちよく
ほんの少し(30分ほど)歩いてきました。

DSC00005神島・答志島
三角の島が「三島由紀夫の潮騒」の舞台“神島”。中央奥の横長の島は“答志島”

そして右に少し見えている伊良湖岬を少し廻ったところに小さな白い灯台が
ひっそりと建っています。伊良湖岬は何度か訪れていますが、この灯台をみる
為に歩いたのは初めてでした。ヨットが一隻白い帆をはって海の景色を夏色に
見せていました。夏の海


DSC00010灯台
   どの画像も霞がかかって余りはっきりしませんが。


  1. お楽しみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:20
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。