小さなひとこま

日々折々の小さな出来事を綴っていきたいと思います。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ソウルへ :: 2012/02/21(Tue)

もう大分、日が経ちますが、1月29日~2月1日までの3泊4日の駆足での
ソウルの旅を楽しみました。

2年前に出かけた折には釜山から北上してソウルへ入りましたが今回はソウルのみの
旅。どうしてだか韓国大好きの私。きっとご先祖様が一緒かな?なんて思う位。今回は
妹を巻き込んでの旅です。ハングルの勉強をしたいと思いながらなかなか思い通りに
話せなくてそれでも今回は街歩きで少しは片言ハングルを使って楽しみました。

ほんの少しですけどね。それでも先回よりはちょっとましかなーなんて思いながら・・・。

次回機会があれば、自分の足でもう少しマシな片言でハングルを使いながら行けたら
いいなーって思っています。

帰る前日にはソウルでは珍しい雪がアッという間に短時間で積もると言う雪景色にも
恵まれました。サラサラのパウダースノーで怖々歩いてもあまり滑ることも無く
面白い経験もしました。

今回はオドゥサン統一展望台まで北上して凍るイムジン川の対岸、北朝鮮をほんの少し
見る機会も得ました。北朝鮮には勿論いけませんが、こんなに近くに見える場所が
あるのですね。統一を祈念、念願する人たちがとても多いと言うことですが一日も早く
朝鮮半島の統一が叶うといいなと思いながらオドゥサン統一展望台を後にしました。


カササギ(カラス科?)は日本では佐賀県(県鳥)で見られるそうですが、
ソウル特別市の鳥となっているそうです。
DSC00079(400).jpg                 DSC00126カササギ

お寺の極彩色の美しい模様に見とれました。韓国では鐘楼の鐘がとても低い位置に
置かれていることが多くお国柄の違いを感じました。
DSC00094(300)-1-2.jpg


  オドゥサン統一展望台の「望拝壇」は脱北して韓国に住む人が故郷を思い北朝鮮に
一番よく見えるこの場所に造られたものだそうでこの日も韓国で亡くなった人を北が
見えるこの場所で弔っているのかと思われる集団を見かけました。 DSC00128北朝鮮を背に


イムジン川の真中に国境線があります。冷たく凍るイムジン川の向うに北朝鮮が
見えています。国境線から2キロづつ非武装間衝帯が設けられているそうです。
この北の地まで来る道路沿いは長く鉄条網が敷かれていました。まだまだ平和の国
ではないのですね。 DSC00132凍るイムジン川


そして韓国滞在の帰国前日にはパラパラしていた雪がビルの中で過ごす間のアッと
いう間に積りビックリのソウルの積雪を体験しました。気温の低い寒いソウルですが、
そんなに雪が降ることは少ないのだそうです。その少ない雪をしっかり楽しんできました。 DSC00138(600)アッという間に積雪のソウル
  1. 旅ものがたり
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。