小さなひとこま

日々折々の小さな出来事を綴っていきたいと思います。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

熊野大花火大会 :: 2011/08/23(Tue)

8月17日  ~大迫力! 海上に咲く夜空の花~
 と題したバス(40) バスツアーに参加しました。噂に聞いていた海上での
花火大会です。
遅めでも午前の出発ですが何しろ道中が長いのでワンちゃん達 到着は夕方です。

“尾鷲”で早めの夕飯を取り、ここからは電車JRです。 快速電車でなら40分弱を
普通電車でしたので1時間近くかかったでしょうか。普段なら乗客の少ない(多分)
であろう  ローカル線ですがこの日ばかりは汗だくの超満員、途中の駅では
かなりの積み残しも出るほどの人出です。勿論臨時列車もでているのですが。

三百年の伝統を誇るこの花火大会の起源は、お盆の初精霊供養に簡単な花火を
打ち上げ、その花火の火の粉で灯籠焼を行ったのが始まりといわれています。
時代と共に花火の規模が拡大しても本来の目的である初精霊供養の要素は
消える事無く、現在の花火大会でも、初精霊供養の灯籠焼や追善供養の打ち
上げ花火などがプログラムに組み込まれています。(パンフより)


確かに個人名で今年家族を亡くされた方が立派な打ち上げ花火を上げて初盆の
供養をされていました。幼い娘さんを亡くされた方のも上がりました。少しウルウル
ウルウルでした。
 
こうして約2時間強、フィナーレの連発打ち上げが見事なのだそうですが、帰りの
時間があり (これがツアーの良くないところですね)あと少しと言うところで引き
上げです。
  今度は「個人で来ましょう」と次の機会に最後を残して来ました。

     では拙い花火の画像ですが、珍しい半円の花火もご覧下さい。
  クリックで6枚です。下の画像も同じく6枚です。 <
<
<


<
<
<



上の半円花火は普通に打ち上げ花火の半円くらいですが、終盤に「三尺玉海上
  自爆」
と名づけて 直径600メートル!!とかの半円大花火が炸裂しました。
  でも何しろ初めての観賞で見当が付かず、少し望遠にして待っていたのが
大失敗泣く2 泣く400m沖合いとは言え、真正面で!ドッカ~~~~ン!
上がってしまったのでした。

       一瞬です。  で、で、で・・・・・・こんな画像になってしまいました。0114ショボーン
一応サムネイルなのでクリックすると大きくはなりますが・・・・・
DSC00952(800).jpg


                     トホホホ・・・・


難行苦行で出かけた「熊野大花火大会」でしたが、素晴らしい花火大会でした。
出かけて良かった~~と思っています。


   
  1. おまつり
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。