小さなひとこま

日々折々の小さな出来事を綴っていきたいと思います。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ご無沙汰いたしました。 :: 2012/06/04(Mon)

すっかりご無沙汰している間に咲く花も様変わりになってきました。

長い間愛用の私のPCですが、故障もせず頑張ってくれてはいますが
容量も少なく、又サークルではWindows VistaからWindows7へとどんどん
新しい機種が導入されてもうWindows XPはかわいそうにお払い箱に
近づいています。私など殆どの機能を使いこなすことも無くこれからも
XPで充分とは思いながら、それでもこれが最後かと(また10年近く使用
のつもりですので)思い切って新機種に買い換えました。

初期設定は早々済んだのですがXPから7への移し変えなどの作業に
結構手間取りちょっと嫌気がさして中断したまま。

馴れたXPが使いやす暫くご無沙汰続きのブログを久し振りにUPです。

移行作業に嫌気が差している間もあちこちお出かけは大好きですから
(そんな事しているので余計に進みません^_^;)画像も溜まってしまいました。
 
5月末、愛知県・茶臼山へ芝桜を見に友人の運転で出かけました。
DSC00005(600).jpg
一週間前に行く予定だったのを一週間延ばしで行ったにも係わらず今年の花の
開花は矢張り遅く満開の状態にはなっていなかったのが少し残念でした。
この画像は比較的良く咲いている部分を撮ったので結構綺麗に見えますね。
DSC00009.jpg



次は6月に入ってすぐの土曜日、鉄道会社のハイキング企画に参加しての
画像です。
以前から1度訪れたいと思っていた「六華苑」がコースに含まれているのが
狙いで1日ウォーキングで楽しんできました。13,300歩程になりました。

鹿鳴館の設計者・ジョサイア・コンドルの設計の和洋館 表側からの景観
洋館の奥に続く和館はウナギの寝床のような設計で庭の景観に合わせて長く延びています。 DSC00038(600)
 
裏側・庭園から眺めた和洋館  洋館前は様式庭園。和館側は日本庭園
DSC00053(600).jpg

 ↓ マウスオン・クリックしてください。 3枚です。                                        
>
<>


               ↓ 一枚のみ  DSC00027(400丸)

   
スポンサーサイト
  1. 旅ものがたり
  2. | trackback:0
  3. | comment:18

西国33ヶ所巡り :: 2012/04/23(Mon)

暫くぶりのUPです。ご無沙汰いたしました。よろしく熊さん   

  さして信心深くも無い私が珍しく友人の誘いに乗っかって「西国33ヶ所めぐり」を
始めました。と言っても行ける時だけ・・・などと言ういい加減な、しかもご朱印集めと
言う神さまも仏さまも有ったもんではない罰当たりの動機で始めました(-_-)

先ずは第一番札所那智勝浦『青岸渡寺』へ。もう数十年昔になりますが一度
訪れ、那智の滝を眺めた記憶があるだけの場所でしたが、今回行ってみて初めて
滝の近くまで長いゆったりした石段を降りて近くから見られることを知りました。

昨年の十津川・熊野地方の大災害(水害)で行く道々、至る所で復旧工事をして
いるのを見かけました。大変な被害だったことが良く分かりました。
滝の側も山崩れがあちこちにあったようで重機が入り、大きな工事となっている
ように見受けました。

「那智山青岸渡寺本堂」 「那智の滝」 「熊野那智大社」
   マウスオン→クリックで3枚です。 <>


      那智大社では         DSC00026-2護摩木
    お線香を供える代わりに護摩木を火にくべるのもこれも初めての事でした。

はてさてご朱印集めの旅がこれから先どうなるのかわかりませんが、取りあえずは
2,3回目くらいまでは予定していることはしています。
 
  1. 旅ものがたり
  2. | trackback:0
  3. | comment:18

ちょっと古い旅物語 :: 2012/03/15(Thu)

DSC00044伊豆のかえるさん 2月27・28日、例年なら満開の桜を
見せてくれる筈の河津桜をみるツアーに参加してきました。
「は~~~る遥来たぜ!・・・」じゃ ありませんが、遠くまで来たのに
えっー! なんて事今年の河津桜は私には見せてくれませんでした。
『マタ、キ・テ・ネなく・嫌い 』って事ですね。 取りあえずはチラッちらほらと見せて
くれましたので・・。 またの機会に取っておきます。
今頃はさぞかし見頃の美しい河津桜が見られているのではないでしょうか。
            お花見

原木という個人のお宅の河津桜は3分咲きくらい。
DSC00035原木全体

DSC000312月27日原木

      DSC00033原木
 

その前に立ち寄った稲取のお雛様(つるし雛)がとてもかわいかったので
少しUPしてみます。ご覧になってる方も結構あると思いますが・・・ぺこっ

DSC00009吊るし雛

DSC00026-1.jpg

DSC00012-2.jpg
内裏雛も飾られているのですが、この見事な数の吊るし雛に埋もれておりました怒るカッパ

 
  1. 旅ものがたり
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

ソウルへ :: 2012/02/21(Tue)

もう大分、日が経ちますが、1月29日~2月1日までの3泊4日の駆足での
ソウルの旅を楽しみました。

2年前に出かけた折には釜山から北上してソウルへ入りましたが今回はソウルのみの
旅。どうしてだか韓国大好きの私。きっとご先祖様が一緒かな?なんて思う位。今回は
妹を巻き込んでの旅です。ハングルの勉強をしたいと思いながらなかなか思い通りに
話せなくてそれでも今回は街歩きで少しは片言ハングルを使って楽しみました。

ほんの少しですけどね。それでも先回よりはちょっとましかなーなんて思いながら・・・。

次回機会があれば、自分の足でもう少しマシな片言でハングルを使いながら行けたら
いいなーって思っています。

帰る前日にはソウルでは珍しい雪がアッという間に短時間で積もると言う雪景色にも
恵まれました。サラサラのパウダースノーで怖々歩いてもあまり滑ることも無く
面白い経験もしました。

今回はオドゥサン統一展望台まで北上して凍るイムジン川の対岸、北朝鮮をほんの少し
見る機会も得ました。北朝鮮には勿論いけませんが、こんなに近くに見える場所が
あるのですね。統一を祈念、念願する人たちがとても多いと言うことですが一日も早く
朝鮮半島の統一が叶うといいなと思いながらオドゥサン統一展望台を後にしました。


カササギ(カラス科?)は日本では佐賀県(県鳥)で見られるそうですが、
ソウル特別市の鳥となっているそうです。
DSC00079(400).jpg                 DSC00126カササギ

お寺の極彩色の美しい模様に見とれました。韓国では鐘楼の鐘がとても低い位置に
置かれていることが多くお国柄の違いを感じました。
DSC00094(300)-1-2.jpg


  オドゥサン統一展望台の「望拝壇」は脱北して韓国に住む人が故郷を思い北朝鮮に
一番よく見えるこの場所に造られたものだそうでこの日も韓国で亡くなった人を北が
見えるこの場所で弔っているのかと思われる集団を見かけました。 DSC00128北朝鮮を背に


イムジン川の真中に国境線があります。冷たく凍るイムジン川の向うに北朝鮮が
見えています。国境線から2キロづつ非武装間衝帯が設けられているそうです。
この北の地まで来る道路沿いは長く鉄条網が敷かれていました。まだまだ平和の国
ではないのですね。 DSC00132凍るイムジン川


そして韓国滞在の帰国前日にはパラパラしていた雪がビルの中で過ごす間のアッと
いう間に積りビックリのソウルの積雪を体験しました。気温の低い寒いソウルですが、
そんなに雪が降ることは少ないのだそうです。その少ない雪をしっかり楽しんできました。 DSC00138(600)アッという間に積雪のソウル
  1. 旅ものがたり
  2. | trackback:0
  3. | comment:14

御在所岳の樹氷 :: 2012/02/14(Tue)

紅葉がとても見事な御在所岳(標高1212㍍)ですが樹氷もまた有名なので
1度見てみたいと思うものの一つでしたが、たまたま駅のポスターで電車を
利用、ホテルとのタイアップでランチ付き、ロープウェー(25x38) ロープウェーもセットになって
均一料金になっているのを見つけ、これは「行くしかない!」即決です・・・笑
ってことで1日行程差数百メートル(最も探歩会用4(36x40)歩いたのではありませんが )、
温度差6~7度(この日は頂上でマイナス6度と言ってました)のお山へ。 
しかし・・・お天気がイマイチだったのはちょっと残念でしたが。でも綺麗な
樹氷に出会えました。

それでも雲一面の空ながら細かい雪も舞って「お~~~寒!!」とほえながら
感動の真っ白の世界を堪能してきました。そして枯木にこびり付く樹氷とは
こう言うものなのだと少し触って実感してきました。しっかり氷になっていて
流石に少々の触り方では落ちないのですね。  寒、面白経験となりました。 

DSC00110雪の道

DSC00113樹氷林

DSC00105タツノオトシゴ
              DSC00106何に見える?

ロープウェーからの眺めも登るにつれこんな状態の空模様となりました。湯ノ山
温泉街は比較的良好だったのですが。
     DSC00094ロープウェー

下りのロープウェーから下の雪道(登山道でしょうか、かなりの勾配の道です)を
登山者が1人『お気をつけて
DSC001181人登山

           下るにつれて温泉街は雪もなく遥か下に見えてきました。
           さあ、これから暖かいホテルでのランチとお風呂が待ってます絵文字・笑 
             DSC00120湯ノ山温泉が見える


 
  1. 旅ものがたり
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。